よっさんのブログ

主に遊戯王、ウルトラマン

制限緩和してもよさそうなカード(2021年1月適応時)

制限・準制限も長らく緩和されていないカードが多くあります。緩和されるカードよりも規制されるカードの方が多いような…

これだとリストが肥大化してしまう(すでに手遅れ?)ので、一線にいないカードはどんどん緩和してしまっていいと思います。

ただ、無限ループやワンキルを助長するカードには気を付けなければいけません。

目次

 

 

 

制限カード

ABC-ドラゴン・バスター

強いですが、1枚だと墓穴の指名者で除外されたら終わりなのでさすがに可哀そうです。準制限になったからといって環境で暴れたりはしないでしょう。

ファイアウォール・ドラゴン

最近エラッタされた。エラッタされたカードは順当に緩和されるのでこれもされるでしょう。

捕食植物ヴェルテ・アナコンダ

ドラグーンが禁止なのでそこまで脅威ではないかと。融合カードのデザインに影響を与える可能性はありますが、こいつ自身を素材にできなければ問題ないかと。

捕食植物オフリス・スコーピオ

捕食植物テコ入れ。ダーリンコブラからブリリアンフュージョンとのコンボが心配ですが、両者をデッキに入れなければならず、コストがモンスター、うらら増Gヴェーラー無限泡影を打たれたら致命傷などと弱点も多いので一回準制限で様子を見てほしいです。

サンダー・ボルト

これは無制限になっても問題ないと思います。今は破壊耐性を持ったモンスターが多く通らない可能性があります。心変わりと同じで、これを握ってターンを渡しても、ターンが返ってこない可能性もあります。それならヴェーラーや強制脱出装置を使った方がまだましです。

激流葬やミラフォもほとんど使われていません。結局は展開しながら制圧、除去できるかが強さなのです。

また、サーチできないのも致命的です。サーチのできるガガガ・ボルト、閃刀術式-アフターバーナーなどの方がよっぽど優秀です。

ハーピィの羽根帚

墓地で効果発動、破壊されたら効果発動が増えているので信頼性も低くなりました。

これを使うより相手ターンにコズミック・サイクロンで相手のフィールド魔法やセットカードを割っていった方が強いと思います。

ペンデュラム・コール

まず1ターンに1度しか発動できず、手札コストも必要なこのカードを複数入れるでしょうか。

それにこのカードを発動してしまうと虹彩の魔術師を破壊できず、サーチ効果が使えなくなってしまいます。解除しても問題ないと思います。

マスク・チェンジ・セカンド

これもターン1コスト1枚。今だとダークロウで積むデッキも少ないと思います。

ワン・フォー・ワン

制限と準制限をいったり来たりしているカード。これもターン1コスト1枚。しかもモンスターがコストです。強いのですが、うららを打たれたときのダメージが半端ないですし、手札に2枚来るとかなり動きづらいのではないでしょうか。

 

準制限カード

ゼンマイマジシャン

最近準制限になったカード。たしかにゼンマイマジシャンからゼンマイマジシャンを持ってくる動きは凶悪かもしれませんが、今環境にゼンマイってまったくいませんよね。ゼンマイ使いのモチベーションにもつながるので、一回解除してもいいのではないでしょうか。

自身だけでは何もできないのも厳しいです。

氷結界の虎王 ドゥローレン

最近エラッタされた。ターン1なので順当に解除でしょう。

継承の印

なんか今更なカードです。ロンファが準制限であるなら特に問題ないかと。

別に今ならイゾルデ・リナルドでいつでもサーチ・サルベージできますし。

スケープ・ゴート

相のエンドフェイズに使えばリンク4を立てられる。個人的に強いと思ったことがない。

セットして相手エンドまで残るなら他に強いカードはいっぱいあるのでは?

セットカードを狙われたときに壁にできますが、羊トークン4体なんてまず残りませんよね。

精神操作

心変わりを解除してもいいと思っているので。

超融合

デッキによってはほとんどの相手モンスターを素材にでき、チェーンさせないのですが、出てくるモンスターに妨害や耐性持ちがほとんどいないのが厳しいです。これでは相手を融合素材にしたところで1妨害程度です。

このカードはサーチが効かないのでメイン戦術にはしづらくサイド候補になりがちなので、解除してもあまり問題はないかと。